最小ダメージで親知らず処理できる恵比寿の歯医者って?

深刻になる前に、親知らずの正しい知識を身に着けよう!

もしも親知らずを抜くならどこがいいのか気になりますね。

子供だけでなく、大人もなんとなく歯医者さんは苦手という方が多いです。

しかし、歯のトラブルは体全身に及ぶこともあるので、苦手意識があっても早めに親知らずの治療を受けたほうがいいでしょう。

もしもかかりつけの歯医者さんがあるのなら、担当の先生の相談することもいいですよ。

なぜならば、患者さん一人ひとりのカルテがあり、これまでどんな治療を施してきたか、普段飲んでいる薬はあるのか、アレルギーはあるのかなど、細かいこともすべて熟知しています。

そのため患者さんも安心という声が多いようです。

もちろん、口腔外科も親知らずの抜歯には適していて、その理由は日ごろから口腔内の大きな治療を行っているためです。

確かな実績が安心材料になります。

口腔外科は日ごろ歯を砕いたり、歯茎を切開するような大掛かりな処置を施しているので、親知らずの状態によっては口腔外科のほうが安心という方も少なくありません。

いつも通っている歯医者さんに相談をして、場合によっては口腔外科がいいと推薦されたときは紹介状を書いてもらいましょう。

恵比寿デンタルクリニック東京で親知らずを直してもらって笑顔になった患者

もしも東京で親知らずを抜きたかったら


日ごろメンテナンスを目的にかかりつけの歯医者さんに通っていればその歯医者さんに診てもらうこともいいですが、もしもかかりつけの病院がなかった場合、できれば評判のいい病院に診てもらいたいのが本音ですね。

ここでは東京都内で患者さんの評判がいい病院をいくつかご紹介します。

・恵比寿デンタルクリニック東京
恵比寿の駅前にある歯医者さんです。
院内は清潔で診察室は個室になっているので回りの患者さんを気にする必要がありません。
隣の患者さんの治療が気になって仕方がないという方にオススメの病院です。
東京都渋谷区恵比寿1-10-8 トレベルノビル1F

外からみると恵比寿デンタルクリニック東京のおしゃれな多いな窓

・ハローデンタルクリニック
できる限り痛みを少なくする治療にこだわっている病院です。
痛みを和らげるために電動麻酔器や表面麻酔を使っています。
待ち時間をできるだけなくすために予約診察を導入しているのも特徴です。
東京都中央区勝どき2丁目9-14 富永ビル2F

・町田駅前グレイス歯科・矯正歯科
診察する前に丁寧なカウセリング時間を設けている病院です。
診察を受ける患者が納得するために徹底的なカウセリングが行われるため、患者の不安を払拭できます。
最新型の歯科用CTを導入しているため、高度な外科治療を可能にしています。
東京都町田市原町田3-2-9 エルムビル1F

知識

親知らずが痛くなるのはどうしてなのか、その理由でもっとも多いのが虫歯になってしまうことが原因といわれています。

歯ブラシが奥まで届きにくいので、しっかり磨いているつもりでも磨き残しが多くなり、虫歯になりやすい環境になってしまいます。

また、虫歯だけでなくバイ菌によって歯肉炎を引き起こすこともあります。

このように不衛生になることで親知らずが痛むことがあるのですが、それ以外にも、親知らずが虫歯になっていないのに痛むことがあります。

それは、親知らずが生えてくるときです。前の歯をギリギリと押しながら生えてくると痛みを発症します。

前の歯の神経を抜いている場合は痛みを感じないのですが、そうで場ない場合に痛みを伴うことが多いと言われています。

しっかり磨いているはずなのにどうして痛いのか、と不思議に思うかもしれませんが、ひとつは磨き残し、もうひとつは前の歯に強い刺激を与えることが痛みの原因となっています。

親知らずが痛くなったときの適切な対処法


昼間なら病院も開いているのですぐに診察してもらうことも可能かもしれませんが、真夜中に痛みがでてしまったとか、病院が開いていない時間に痛みを感じたときの今すぐできる対処法をいくつかご紹介します。

まずは、口の中を清潔に保つことです。

歯磨きをするのはもちろんなんですが、痛みがあると歯ブラシを当てるのも痛くてなきそうになるかもしれません、そのため、口の中をうがい薬で消毒することをオススメしたいのです。

うがい薬はお口の中に使う消毒液です。痛みがあるということは細菌による炎症が起きていることが考えられるので、消毒成分、殺菌成分があるうがい薬でブクブクとうがいをしてください。

実はこの方法、抜歯した後の痛みを軽減させるときにも効果が期待できるようですね。

それからぬらしたタオルを頬に当てることも効果的です。

冷やすことで血管を収縮させるため痛みを緩和できるといいます。

ただし、氷など冷たいもので直接冷やすと、冷やしすぎが原因で痛みが強くなることもあるので、濡れタオルがオススメです。

後は痛み止めのお薬を飲むことですね。

市販されているロキソニンSは歯痛に効果が出るそうなので、痛みがひどすぎて眠れないなど、一時的に痛みを緩和してくれるのでオススメです。

歯ブラシに歯磨き粉を塗る

知識

日ごろ痛みも感じなければ、口の中になんのトラブルも起きていなければ無理に抜く必要はありませなん。

ただし、一番奥に生えてくるので磨き残しなどが原因でトラブルになる可能性はとても高いです。

虫歯になってから抜いてもいいのかもしれませんが、もしも定期的なメンテナンスなどで磨き残しがひどい場合は、あらかじめ抜いておくといいかもしれません。

これも素人判断は難しいのでかかりつけの歯医者さんで担当医としっかり話し合うといいでしょう。

一人ひとり親知らずの歯の生え方に個人差がありますから、そのまま抜かなくてもOKならば、口の中の手入れを怠らないことに注意すればOKですし、医師が見て抜いたほうがいいと判断したのであれば、抜く方向で医師を固めることも大切かもしれませんね。

虫歯の痛みは頭痛を引き起こすほどひどくなることもありますから、早めの判断をオススメします。

親知らずを抜くとどのぐらいお金がかかるのか


親知らずを抜くときにどのぐらいお金がかかるのか心配です。

お金のことだから人に聞きにくいという声も少なくありません。

予想以外にお金がかかると「お財布にお金がない!足りない!」などと困ったことになりかねませんから、あらかじめ知っておくことは大切です。

親知らずがまっすぐに生えている場合、およそ2,000円ぐらいです。

抜歯する際に麻酔をかけて抜歯をして縫合まで、時間はおよそ10分程度です。

3回程度通院すれば治療は終わりです。

親知らずが横向きに生えている場合、およそ3,000円ぐらいです。
歯茎を切開すること、歯を割ってから抜歯をするので通常より手間と時間がかかります。
時間はおよそ20分程度です。
3~4回程度通院すれば治療は終わりです。

親知らずが完璧に歯茎に埋まっている場合、およそ4,000円ぐらいです。
歯茎を切開するほか、歯を割ることも必要になります。
時間はおよそ30分程度。通院は3~4回で完了です。

抜歯する前にレントゲンを取る必要がある場合は、レントゲン代として1,500円程度必要になります。
抜歯した後に口の中を清潔にするために歯石が邪魔になるので、定期的にメンテナンスをしていない場合は歯石をとる必要もあります。
およそ3,000円程度です。ちなみにこれらの料金は保険診察3割負担が目安となっています。

歯のレントゲン画像

知識

特に口の中にトラブルがなければ抜かないという方法もあるので、まずは定期的に歯のメンテナンスのために歯医者さんに通うことをオススメします。

親知らずを抜かなくてもいいタイプは、
・親知らずが他の歯と同様にまっすぐ生えているタイプ
・親知らずがまっすぐ生えていて、なおかつ上下が揃っているタイプ
・親知らずに歯茎がかぶさっていないタイプ

これは親知らずが健康な形で生えているため、歯磨きがしっかりできていれば問題がないと言われています。

・親知らずの前の歯が虫歯になっているタイプ
・親知らずの前の歯の神経を抜いているタイプ
・親知らずがあごの深い部分に陥没しているタイプ

これらも抜かなくてもいいと言われています。

たとえば前の歯が虫歯になっていたなら、その歯を抜歯して抜くことで、親知らずがその歯の代わりの役目を果たしてくれるというのです。

前の歯の神経がない場合も、神経を抜いた歯の寿命が短いので親知らずをその歯の代わりに使うという方法もあります。

親知らずを抜かずに過ごすメリットとは


先にも話したように、親知らずの前の歯にトラブルがあったとき、その歯の代わりに使えるということが最大のメリットではないでしょうか。

親知らずを本当の歯として機能させるのです。


虫歯がひどくなると治療ではなく抜歯をして、義歯を埋める治療が必要になることがあります。

たとえば高額治療といわれているインプラント治療の変わりに、親知らずを前に移動させるだけでOKですから、治療費も安く済ませることができますし、なにより自分の体にかかる負担も軽減させることができます。

また、親知らずがまっすぐ上を向いて生えてきた場合は、ブリッジや入れ歯の土台に使えることができるというのもメリットです。

奥にしっかり生えているので土台としてしっかり役割を果たしてくれます。

自分では親知らずがどんな状態なのか分からないでしょうから、定期的にメンテナンスの意味でも歯医者に通ってみてくださいね。

歯の断面図

知識

親知らずが生えてくると、痛みが伴うから抜いたほうがいいとか、親知らずが虫歯になると痛みがひどいから早めに対処したほうがいいなどの話をよく聞きます。

ところが、自分が実際に痛みを感じたりしない限り生活に支障がないので、特に気にせずすごしている人がとても多いのが現状ではないでしょうか。

もしも急に親知らずが痛くなったらどうしたらいいのか分からない、正しい対処の仕方を知らないという人も多いようですね。

ここでは親知らずのあれこれをいくつかご紹介していきます。

痛みがないなら放置していても平気なの?
 もしも痛くなったらどこの病院にいけばいいの? 
治療は保険がきくの? 
など気になる親知らず情報をご紹介します。いつか困ったときがきたときのためにお役立てください。

お口の厄介者? 親知らずについて


親知らずというのは、歯の一番奥に生える歯をいいます。

生えてくるのが10代後半から20代前半といわれているため、親が知らない間に生えてくる歯ということで「親知らず」と呼ばれるようになりました。

前歯から順に数えて8番目に生える歯です。
下に2本、上に2本生えるのが平均的です。

ところがこれには個人差があると言われています。

まったく生えてこない場合、何本か生えている場合、親知らずが欠損している場合などもありますが、これは人間の進化において、弥生時代から起きている現象だといわれています。

親知らずがまったく上下逆にあごの骨の中に埋まっているタイプもあるそうです。

しっかりと生えないことで親知らずがしっかり歯磨きできない状態が原因となり、虫歯になりやすかったり、歯肉炎を引き起こす原因になり、特に20歳前後になると奥歯が虫歯になりやすい傾向があると言われています。

症状がひどくなると口が開きにくくなったりするので正しい対処が必要になると言われています。

人間の歯の全体的なイメージ画像

知識